イネ科 アレルギー 英語 13

花粉が最も多く飛ぶのは5月~6月で、田植えのあとイネの先端に花が咲き、風にのって周辺に花粉が飛散。 近くにいかなければ症状が強く出ないことも、イネ科花粉症の特徴のひとつです。, ★イネは収穫の時期にも要注意! 加工品を購入する時は原材料名の確認を。, 一度アレルギー体質になると、さまざまな物質に過敏になります。 イネ科花粉症の薬の選び方は、スギ・ヒノキの場合と同じです。 イネ、ムギ、ススキ、アシ、カモガヤ、ホソムギ、スズメノカタビラ、スズメノテッポウなど, イネやムギは、私たちの食生活と切っても切れない植物ですし、ススキも秋を代表する身近な植物。 (image by photo-ac) イネ科花粉症の症状は、基本的にはスギ・ヒノキなどの花粉症とほぼ同じです。 アレルギー症状を引き起こす物質・アレルゲンが体内に侵入することで免疫系が過剰反応を起こし、目や鼻などの粘膜に炎症 … 稲刈りの際、イネについた花粉がもう一度舞い上がったり、脱穀やもみ殻を取る際に細かく裁断されたイネの一部を吸い込むことでアレルギー症状を引き起こすからです。, ハウスダストのアレルギーも持っている人は、塵やほこりも一緒に吸い込むため症状はさらに悪化。 また、くしゃみ、鼻水、目のかゆみなど複合的な症状で日常生活に支障が出るほど重度の人や、市販薬を1~2週間服用しても効果がない、悪化したなどの場合は通院して医師の診断のもと治療を受けてください。, アレルギー体質の改善では、食生活の見直しも重要です。 (image by photo-ac) 日本では現在、スギ花粉症に悩まされている人が非常に多いです。正確な数字ではありませんが、スギ花粉症患者の数は全国で3300万人にもおよぶと言われています。この10数年で患者数は急激に増えており、今後も増え続けると見られています。, かく言う私もスギ花粉症に悩まされています。毎年春先になると、くしゃみが止まらなくなり、自転車をこぎながらぽろぽろと涙をこぼしたりしています。, 第二次世界大戦後、焼け野原となった日本各地の山林跡でいっせいに杉の植林がおこなわれました。杉の苗が成木になるまでにおよそ50~60年かかりますが、すでに大きく成長した杉の木々からは大量の花粉が放出されている状況です。花粉の放出は杉が老木になるまで数十年は繰り返されるでしょうから、今後も全国で花粉症患者の数が増え続けるのは仕方のないことなのかもしれません。, 花粉症といえば一般的にスギ花粉に対する症状を言うことが多いですが、それと並んでヒノキ花粉症の人もかなりいらっしゃいます。また、キク花粉症なんてものもあるようです。, 毎年、冬の寒さが緩み始める頃から4月にかけて症状に悩まされるのは、主にスギ花粉症、またはヒノキ花粉症であると言えます。ドラッグストアやスーパーの薬売り場には「花粉症対策コーナー」が特設され、マスクや目薬の売り上げが急激に伸びる時期です。, しかし中には、5月に入ってもまだ花粉症の症状が改善されず、相変わらずマスクなしでは外出できない。あるいは5月以降になって症状が出始める。そういう人も少なからずいると聞きます。これはいったいどういうことなのでしょうか?, シーズンを過ぎればドラッグストアなどでも「花粉症対策コーナー」は見られなくなります。5月に入っても症状が続いている人の中には、そんな状況に不満を抱いている人もいるかもしれません。先にも述べたように、花粉症というのは何もスギやヒノキばかりではありません。, じつは今、イネ科の植物から放たれる花粉によって症状が出る「イネ花粉症」というものが注目されています。スギやヒノキに比べて患者数は少ないですが、医療機関でも毎年一定数、「イネ花粉症」と診断されている人たちがいます。, イネ科の植物はイネ、ムギ、アシ、ススキなど、日本国内に生息しているものでは十数種類ありますが、どうしてイネ花粉の患者数はスギやヒノキと比べると少ないのかご存知でしょうか?, スギやヒノキはどちらも大木で、広大な山林に密集して生えていますから、花粉の量も極めて多く、遠く広い範囲に飛散します。それに比べ、イネ科の植物というのは背が低く、生息している場所も畑や田んぼ、川沿い、堤防などと範囲がかなり限定されるので、花粉が飛散する距離が短く、範囲も狭くなるわけです。, スギやヒノキの場合、一定期間が過ぎれば花粉の飛散は収まり、それに合わせて花粉症の症状も緩和していきます。ところが、イネ花粉症に限っては事情が違います。「5~6月」と「8~9月」の年に2回、花粉飛散のピークがあると言われています。, 6月が終わるころにはいったん症状が治まりますが、夏真っ盛りの8月になって再び症状が出始めるのです。これはなかなか厄介者です。治ったと思っていたらまた症状が出る。夏の一番暑い時期にマスクをして外出しなければならない。考えただけでもウンザリしてしまいますよね。, ピークが2回あると説明しましたが、どちらかというと「5~6月」のほうが飛散量が多いというデータがあります。ですから1回目のピークが終わると、あとはもう症状が出ないということもありますし、運悪く2回目のピークを迎えてしまうこともあるでしょう。, イネ花粉症の主な症状はスギやヒノキの場合と同じで、「くしゃみ・鼻水・鼻づまり」「目のかゆみ・充血」が挙げられます。, しかし、気を付けなければいけないことがひとつあります。もしあなたが、イネ科に対して何らかのアレルギーを持っていた場合、イネ科の花粉によりアナフィラキシーショックを起こし、喘息などの呼吸困難、じんましん、嘔吐といった症状が出る可能性があります。, また、食物依存性運動誘発アナフィラキシーというものもあり、特定の物を食べて数時間以内に運動をすると、喘鳴、咳、じんましん、嘔吐、吐き気、血圧の低下を引き起こすこともあるそうです。自分がイネ花粉症にかかっているという自覚がある場合は、飛散ピーク時にイネ科の植物が多く生えている場所の近くで運動するのは避けたほうがよさそうです。, 基本的にはスギやヒノキの場合と同じですが、いちばん重要なのはイネ科の植物が生息する場所に近づかないということです。どうしても避けて通れない場合は、以下のような対策を取りましょう。, 以上のようなことに注意しておけば、かなり予防できるでしょう。また、自分がイネ花粉症なのかどうかわからず、5月以降でも症状が出るようなら、いちど医療機関を受診し、血液検査をしてもらうのもいいかもしれません。, 聞き慣れない名前ですが、「カモガヤ」とはイネ科の植物の一種で、イネ花粉症にかかっている人の多くは、この「カモガヤ花粉症」に分類されるのだそうです。, カモガヤ花粉症の症状ですが、イネ花粉症の一種ですから、症状としては先に述べた通りです。, 厄介なのは、やはりアレルギー反応。イネ科に対してアレルギーがあると、喘息、じんましん、嘔吐などの症状が出ることがあります。また、特定の食物を口にしたときにOAS(口腔アレルギー症候群)を引き起こす場合があり、重度になるとアナフィラキシーショックを起こす可能性もあります。, 口にすると即座にアウトというわけではありませんが、イネ花粉症にかかっている人が注意すべきなのは「スイカ・メロン・キウイ」といった食物です。, あくまで花粉症の症状が出ている状態で口にすると危険という意味ですから、一年通じてこれらのものを食べてはいけないということではありません。あまり神経質になりすぎないほうがいいとは思います。どうしても不安なら、いちど医療機関を受診して、専門医に相談してみるのがいいでしょう。, イネ科の花粉症という、一般的にあまり知られていない花粉症について解説してきましたが、聞き慣れない言葉もちらほら出てきて、筆者自身、この記事を書きながら新しい発見ができました。これを読んでいただいた皆さんの中にも、「わたし、カモガヤかも?」とびっくりしている方もいらっしゃるかもしれません。, イネ花粉症の場合、アレルギー反応との関係もあって、たしかに厄介な症状ではありますが、気をつけなければいけないのはピークの時期だけです。外出時のマスクや目薬、点鼻薬などで対策していれば症状をやわらげることができます。そうすればアレルギーの心配も軽減されるでしょう。, ご自身の花粉症のタイプがどれなのかわからない場合は、まず医療機関を受診し、確かめてみては? そして専門医の指導のもと、適切な対策をとるのがいいと思います。花粉の飛散はこれからも毎年続きますから、シーズンが近づいたら、しっかりと予防するようにしましょう。. 始めて花粉症にかかった人はアレルギーの原因を正確に知るためにも、まずは医療機関でアレルギー検査を受けることをおすすめします。, ②市販薬について

イネ科花粉症は、小麦アレルギーの引き金にも!収穫の秋に注意したいアレルギー対策と予防法について, 蒸し暑い夏が終わり、過ごしやすい秋に入ったとたんに咳が止まらない・・・ パンやうどん、菓子類の他、カレーやシチューのルーなど、隠れた部分にも小麦が含まれています。 イネ科に対してアレルギーがあると、喘息、じんましん、嘔吐などの症状が出ることがあります。また、特定の食物を口にしたときにoas(口腔アレルギー症候群)を引き起こす場合があり、重度になるとアナフィラキシーショックを起こす可能性もあります。 イネ科花粉症の人が小麦を使った食品をたくさん食べたり激しい運動をすると、場合によっては呼吸困難など重篤なアナフィラキシーショックに陥る危険性があるのです。, <対策1:まわりのアレルゲンを減らし、体内への侵入を防ぐ>

最近は医療薬(処方薬)から市販薬にスイッチされたOTC薬にも、花粉症に効果のある薬が次々に登場しています。, 薬の効き方には個人差があります。 ①まずは通院して検査を それらが体調不良を引き起こすアレルゲンになるとは何とも割り切れない気がしますが、いったんイネ科の植物の花粉によるアレルギーが発症すると、小麦などイネ科の食物アレルギーにもつながり、一層深刻な問題になります。, スギやヒノキの花粉は100~500kmほど飛散しますが、イネ科の植物はせいぜい100m。 ©Copyright2020 SohSoh-LIFE.All Rights Reserved. 東京都福祉保健局による、アレルギー疾患に関する総合サイトです。患者・家族の皆さまや施設・医療機関の方に、ぜん息、アトピー性皮膚炎、花粉症などアレルギー疾患に関する基礎知識や対応・対策、緊急時対応についての正しい情報を分かりやすくお伝えします。 秋の花粉症はキク科の植物ブタクサが有名ですが、注意する植物はそれだけではありません。「収穫の秋」だからこそ気をつけたいのがイネ科の植物の花粉によるアレルギーです。, 放っておくと喘息などを悪化させたり、小麦などの食物アレルギーを引き起こす可能性も! このタイミングが最も危険です。, しかしイネは秋も油断禁物! 食物繊維をしっかりと摂り腸内環境を整えることも体質改善につながります。, イネ科花粉症の人は小麦の摂取量にも注意してください。 アレルギー症状を引き起こす物質・アレルゲンが体内に侵入することで免疫系が過剰反応を起こし、目や鼻などの粘膜に炎症が起こります。 私たちの身の回りにはアレルゲンになる物質がいろいろとありますが、予防の観点からも、一度血液検査を受けてアレルギー物質の確認をしておくことをおすすめします。, (image by photo-ac) ススキ 田んぼの近くを通ったら目がかゆくなった・・・, 秋は春に次いで、アレルギー発症の第2のピーク時期です。 スギ・ヒノキなどの花粉症と同じく、出来るだけ体内にアレルゲンを入れないようにすることが、イネ科花粉症でも重要です。, 花粉は晴れた日に飛び散ります。掃除などで窓を開ける際は、出来るだけ短時間に。とくに風の強い日は、窓を開けないようにしてください。 (image by photo-ac, ◯掲載している医薬品の添付文書情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。, ◯適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(TEL:03-3506-9541)にご相談ください。, ◯より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。, ◯当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラ及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。, 掲載している各種情報は、株式会社ミナカラが調査した情報をもとにしています。出来るだけ正確な情報掲載に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。, 掲載されている医療機関へ受診を希望される場合は、事前に必ず該当の医療機関に直接ご確認ください。, 当サービスによって生じた損害について、株式会社ミナカラではその賠償の責任を一切負わないものとします。情報に誤りがある場合には、お手数ですが株式会社ミナカラまでご連絡をいただけますようお願いいたします。. イネ科の花粉が飛び散る時期にグラウンドで激しい運動をしていた小学生がアナフィラキシーショックを起こして呼吸困難になった事例がありますので、体調に変化がみられたら決して無理をしないようにしましょう。, <対策2:症状を緩和する> 点眼薬、点鼻薬、内服薬と症状に合わせて使い分けてください。 それぞれの特徴を知って秋のアレルギーを防ぎましょう。, 《注意したいイネ科の植物》 日本の秋の原風景である稲刈りも、アレルギー体質の人は(稲刈りの最中には)出来るだけ近寄らないようにしましょう。, 秋は朝晩の気温差が大きくなるため、風邪をひく人が急増する時期でもあります。 また、イネ科のアレルギーがある場合、アナフィラキシーと言って、喘息などの呼吸困難、じんましん、嘔吐などの症状を起こす事があります。小麦もイネ科なので、食物依存性運動誘発アナフィラキシーの危険もありますので、注意が必要です。 食物依存性運動誘発アナフィラキシーとは、� このため、体内に侵入するアレルゲンがなくならない限り症状が継続するところが風邪との大きな違いです。, 体内に侵入したアレルゲンの量が多いと喘息や、じんましん、嘔吐などのアナフィラキシーショックを起こすことが知られています。, さらにイネ科花粉症の怖いところは、同じイネ科である小麦の食物アレルギーを発症しやすくなることです。 (image by photo-ac) よく道路などで見られる、イネ科の雑草です。花が咲く7~9月ごろに花粉を飛ばします。また、メヒシバにアレルギーがあると知らずに、メヒシバを除去しようとしたら手に湿疹ができてしまったなんてこともあります。 スズメノカタビラ (image by photo-ac) 冷たく乾いた空気は呼吸器系にダメージを与えやすく、咳が出やすくなるのも秋の風邪の特徴です。 しかし、咳が2週間以上も続くなどなかなか治らない場合は、イネ科花粉症かもしれません。, イネ科花粉症の症状は、基本的にはスギ・ヒノキなどの花粉症とほぼ同じです。 ブタクサ花粉の飛散時期は8-10月。日本ではスギ、ヒノキに次いで多い花粉症。背が低い草花で、飛散距離が短いため、近づかなければ避けられます。鼻、目の症状のほか、喘息の原因にも。 イネ科の植物の代表である「イネ」の場合をみてみましょう。

東芝 ドラム式洗濯機 Tw127 9, 永作博美 愛用 化粧品 15, Teams チャネル 使い方 7, 朝ドラ ジャニーズ 歴代 19, スニーカー ソール メラミンスポンジ 5, 数字 語呂合わせ 2桁 16, Ana ホテル デイユース 26, 年上彼氏 甘えてくる 気持ち悪い 17, ハイキュー 88話 サブタイトル 5, ムラサキスポーツ サーフボード 中古 11, V ファーレン長崎 ユース セレクション 4, せクハラ 事例 厚生労働省 5, あつ森 ベネチア マイデザイン 6, アース 蚊取り線香 ペット 15, コード 数字 意味 5, 芋虫 漫画 後半 27, アンナチュラル 続編 主題歌 5, 夜を歩くソンビ 最終回 解釈 28, たしかなこと カラオケ 難易度 57, パリーグ 強い なんj 13, オタク バッグ おすすめ 5, 甲 本 ヒロト 失恋 4, 大谷 スプリット 握り 5, Soara 歌詞 パート 12,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *