共和国軍 スターウォーズ 弱い 7

軍隊[1] 初代iPhone SEからiPhone 12 miniに変えたらいいことづくめでした! 19 BBY、帝国軍へ[5] シーヴ・パルパティーン最高議長[2]共和国軍最高司令部[3] 共和国軍(Republic military)は地上戦闘部門の共和国グランド・アーミーと宇宙戦闘部門の共和国宇宙軍によって構成される銀河共和国の正規軍である。分離主義危機の高まりを受けて形成され、クローン戦争で独立星系連合のバトル・ドロイド軍団と戦った。 所属 スター ... では過半数の議員がこれを以て銀河帝国を完全に無力化したと考えるようになり、以後新共和国軍 の縮小や中立星系との外交政策に注力している。 エピソード7 新共和国(しんきょうわこく、New Republic)は、スター・ウォーズシリーズに登場する架空の国家である。, エンドアの戦いにおける銀河帝国の敗北とその元首たるシーヴ・パルパティーン皇帝の死を受け、反乱同盟軍及びその指導者であるモン・モスマにより民主主義政治を放棄した帝国に代わる銀河共和国の正統な後継政府として建国が宣言された。, そしてエンドアの戦いから約1年が経過した頃、ジャクーの戦いで帝国の残存勢力に再び大打撃を与えることに成功すると、大幅な軍縮と莫大な賠償金を帝国残党に課す銀河協定を締結する。新共和国元老院では過半数の議員がこれを以て銀河帝国を完全に無力化したと考えるようになり、以後新共和国軍の縮小や中立星系との外交政策に注力している。, ルーク・スカイウォーカーによるジェダイ騎士団再建をしていたが、カイロ・レンによる裏切りによる頓挫と彼の失踪にともない、旧帝国内部で銀河協定に異を唱える新勢力、ファースト・オーダーが台頭。新共和国ではレイア・オーガナなど、この動きをいち早く察知してファースト・オーダーの脅威を訴える者も存在していたが、大半の議員は銀河協定の存在を理由にして彼らの訴えに対し終始懐疑的な姿勢を見せた。, そのため、レイアはファースト・オーダーに抵抗する私設組織レジスタンスを結成し、彼女の訴えを聞き入れた一部勢力がこれを支援。新共和国全体としては黙認という形での対応を取ることになった。, エンドアの戦いから30年後、ファースト・オーダーが建造した惑星破壊兵器スターキラーの攻撃により、当時の首都惑星ホズニアン・プライムなど主要惑星群が破壊され、多数の犠牲者を出すこととなった。, 政治機構と防衛艦隊が壊滅したことで新共和国は衰退し、新共和国に加盟している複数の星系がファースト・オーダーに降伏している[1]。, かつて惑星コルサントを首都としていた銀河共和国や銀河帝国とは異なり、新共和国では投票で選ばれた惑星にその都度首都機能を移転する新制度が採用されており、モン・モスマの故郷である惑星シャンドリラを最初の首都としている。, 上記の正史とはパラレルワールドに当たる非正史(レジェンズ)におけるエンドアの戦い以降を描いたスピンオフ作品においても、詳細な経緯は異なるものの自由惑星同盟という暫定政府を経て建国が宣言されている。こちらでは旧共和国や帝国に引き続きコルサントを首都としている。, ユージャン・ヴォングの侵攻によりヤヴィンの戦いの27年後に崩壊し、翌年には新たに銀河連合自由同盟と呼ばれる新政府として再建された。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=新共和国_(スター・ウォーズ)&oldid=80427401. サッカーの試合でボールを追跡するはずのAIカメラ、審判のスキンヘッドを追いかけ生配信, また最高が更新されてしまった。iPhone 12 Proのゴールド、今までで一番ゴールデンなゴールドかも, デカEインクタブレットOnyx Boox Max Lumiレビュー:好きは好きだけどこの値段では自分を説得できません!, Sony HT-G700レビュー:おうちでドルビーアトモスサウンドを体感できるお手頃サウンドバー, 家飲み最強の相棒現る! 銀河共和国[1] 歴史に関する情報 本拠地 組織形態 7種類のおすすめランチャーをご紹介. 共和国軍 あえて言おう、スター・ウォーズはミリタリー映画であると。そして Ep7「フォースの覚醒」はミリタリー映画として破綻している。こんなものはスター・ウォーズではないのだ。 スター・ウォーズは、多面的な要素を含む作品であり、同じファンであっても、思い入れは人それぞれだ。 主な人物 新共和国 (スター・ウォーズ) ナビゲーションに移動 検索に移動. おでん、焼き鳥、炙り&熱燗が1台で楽しめる「せんべろメーカー」. 戦争に勝利し、相手の軍を解体したら彼ら軍人たちはどうなるのか? ストームトルーパーたちは、共和国に降伏 ... つの『スター・ウォーズ』の� [テンプレート], 共和国軍(Republic military)は地上戦闘部門の共和国グランド・アーミーと宇宙戦闘部門の共和国宇宙軍によって構成される銀河共和国の正規軍である。分離主義危機の高まりを受けて形成され、クローン戦争で独立星系連合のバトル・ドロイド軍団と戦った。惑星カミーノで製造されたクローン・トルーパーが共和国軍の主戦力となり、ジェダイ・オーダーのメンバーが将軍として部隊の指揮を取った。終戦時、銀河元老院のシーヴ・パルパティーン最高議長は共和国軍を利用してジェダイを滅ぼし、共和国を解体して銀河帝国を建国する。これに伴い、共和国軍も帝国軍へ再編された。, 帝国時代以前、銀河系は1世紀以上にわたって銀河共和国に支配されていた。共和国は長らく全面戦争に直面したことがなく、正規の軍隊を持っていなかった。ジェダイ・オーダーが銀河系の正義と平和の守護者としての役割を果たし、正規軍が無くても安全が守られていたのである。しかし共和国時代の末期に発生した分離主義運動が銀河政府に分裂の危機をもたらした。銀河系は共和国に忠実な惑星と、中央政府からの独立を求める惑星とで二分された。, 何千という星系が分離主義運動になびくと、銀河元老院では正規の共和国軍を組織して危機に対処すべく軍隊創設法案が提案された。22 BBY、軍隊創設法案の是非を問う議論が進む中、ドゥークー伯爵率いる独立星系連合が惑星ジオノーシスで密かにバトル・ドロイドの軍団を準備していたことが発覚した。この事態を受け元老院から非常事大権を与えられたシーヴ・パルパティーン最高議長は、惑星カミーノで製造されたクローン軍団を正式に共和国軍として採用する。その結果、共和国グランド・アーミーおよび共和国宇宙軍からなる共和国軍が誕生した。, 賞金稼ぎジャンゴ・フェットの遺伝子テンプレートをもとに生み出された共和国軍のクローン・トルーパーたちはジオノーシスの戦いで初めて実戦に参加し、独立星系連合のバトル・ドロイドと戦った。ジオノーシスの戦いは共和国設立以来初めてとなる全面戦争の幕開けを告げると同時に、クローン・トルーパーが銀河史上類を見ない優れた軍事力を世に示す機会となった。共和国と独立星系連合のあいだに始まった戦争は、この時代を象徴する共和国軍の兵士たちにちなんで“クローン戦争”と呼ばれるようになる。共和国軍は分離主義者の反乱を鎮圧するため銀河系の各地へ配備された。古来より民主主義政府に忠誠を誓い、1世紀以上にわたって共和国の守護者を務めたジェダイは、クローン戦争で共和国軍の指揮官の役割を引き受けることになった。, クローン戦争中、共和国軍と分離主義勢力は銀河系各地の数え切れないほどの戦場で火花を散らした。大勢のクローン・トルーパーが共和国や最高議長、あるいは上官であるジェダイ将軍に対する忠誠心のために自らを犠牲にした。絶え間ない紛争が3標準年続いた後、ジェダイと共和国軍はアウター・リム・テリトリーの包囲作戦を開始し、分離主義者たちは敗北の淵まで追いつめられる。ジェダイは知らなかったが、クローン・トルーパーの脳内には行動抑制チップが埋め込まれており、いつでも“オーダー66”と呼ばれるジェダイ抹殺指令を遂行できるようになっていた。シスの暗黒卿ダース・シディアスという裏の顔を持つパルパティーン議長は、クローン戦争およびクローン兵士を利用してジェダイを滅ぼすつもりだったのである。分離主義勢力の指導者たちが死んだ後、パルパティーンはオーダー66を発令してジェダイ・オーダーを壊滅へ追い込んだ。ジェダイという邪魔者を排除したパルパティーンは共和国を解体し、シスが支配する銀河帝国を設立した。, 新政府の銀河皇帝となったダース・シディアスは銀河共和国の軍隊を帝国軍として再編成する。かつて共和国の防衛力を担ったクローン・トルーパーたちはインペリアル・ストームトルーパーの第1世代となり、皇帝の意思を実行に移すエリート兵士として生まれ変わる。かつて戦争でキャリアを築いたウィルハフ・ターキン、ニルス・テナントといった元共和国軍の野心的な将校たちは帝国のもとでさらなる出世のチャンスを手に入れる。クローン戦争は連合軍の敗北によって終結を迎えたが、分離主義者の抵抗勢力はウエスタン・リーチをはじめとする領域でニュー・オーダーへの反抗を続けた。彼らの存在は帝国の大規模な軍事活動を正当化する理由付けに利用され、帝国軍は共和国軍よりも強大かつ先進的な軍事力を手に入れるに至った。, 「新しい大権の行使1号として、増大する分離主義者の脅威に立ち向かうための共和国グランド・アーミーを創設します」, 「新しい軍隊を不法侵害する邪魔者としてではなく、法の番人と考えていただきたい。平和で豊かな銀河を実現するという皇帝陛下のビジョンを支えるための軍隊なのだ」, アプリをダウンロードすれば、いつでもどこでもお気に入りのコミュニティに簡単にアクセスできます。, https://starwars.fandom.com/ja/wiki/共和国軍?oldid=266263. 銀河系は千年以上にわたって銀河共和国と呼ばれる民主主義政府によって統治された。惑星コルサントに首都を置く共和国は銀河元老院のもとで運営され、選挙で選ばれた最高議長が国家の指導者を務めた。ジェダイ・オーダーの平和の維持者ジェダイ・ナイトたちの助けを借り、共和国は1千年紀ものあいだ全面戦争に直面することなく運営された。しかし、やがて共和国政府は慢心と腐敗によって堕落していく。強欲な政治家の … Copyright © mediagene Inc. All Rights Reserved. 組織に関する情報 ジョージ・ルーカスが明かした『スター・ウォーズ』の続編構想、すでに見たことがあるやつかも, io9が紹介した「The Star Wars Archives 1999-2005」の内容, Androidスマホのホーム画面と使い勝手を一新! 創設 シーズン2がついに始まった『マンダロリアン』が毎週金曜日に大きな話題となる中、先日イギリスで発売となったプリクエルの総まとめ本『The Star Wars Archives 1999-2005』で、スター・ウォーズの生みの親ジョージ・ルーカスが、自身が持っていた続編の構想を明らかにしました。, ジョージ・ルーカスが続編の構想を語るのは今に始まったことではなく、自身で続編を作ることを本当に長く考えており2010年代の最初の頃まで構想を続け、結果としてその実現には10年以上かかると考え、ルーカス・フィルムをディズニーに売却する形でバトンを託しました。, では、今回明らかとしたものはなんなのか。io9が紹介した「The Star Wars Archives 1999-2005」の内容の抜粋によればこんなものを考えていたのだとか。, ジョージ・ルーカス:私は最初の三部作を父の物語、次の三部作を息子の物語、第三の三部作を娘と孫たちの物語にしようと計画していました。そしてエピソード7、8、9はイラク戦争の後に起こったことから着想を得たものでした。「戦争をして、みんな殺してしまったが、さてどうしよう」という感じで、再建は反乱や戦争を始めるより難しいものなのですよ。戦争に勝利し、相手の軍を解体したら彼ら軍人たちはどうなるのか? ストームトルーパーたちは、共和国に降伏することを拒み、ISISに加わったサダム・フセインのバース党の戦士のように戦いを続けることでしょう。, 彼らはストームトルーパーであり続けたく、銀河の果てまで行って自分たちの国を作り出し今度は自分たちが反乱を始めるのです。そして権力の空白が生まれるため、ハットのようなギャングたちがその状況を利用して、混迷を極めていきます。そこで重要人物となるのがダース・モールです。彼はアニメの『クローン・ウォーズ』で復活を果たしており、その中でギャングを束ねていきました。(中略)彼は同シリーズでいくつものエピソードか登場し、そんなストーリーを展開していきました。, そんなダース・モールはコミックに登場するダース・タロンという少女を鍛え上げ、自らの弟子とします。要するに彼女は新たなダース・ベイダーで、アクションシーンはほとんど彼女が関わるものになります。彼ら二人が三部作のメインの敵役で、モールは銀河の犯罪王となっていきます。そして、そんな中で当然ながら指導者となったレイアが共和国を作り上げて行こうとする物語となります。もちろん形の上で共和国は存在するのですが、実権をギャングたちから取り返して行かねばならないのです。それがメインのストーリーですね。, 『クローン・ウォーズ』やDark Horseのコミック『Legacy』はルーカスが語っている時代とはそれぞれ隔たりがありますが、彼のこういった続編アイデアが取り入れられた話なんだということもよくわかりますね。, 今考えると、『マンダロリアン』やその他の小説などの派生作品で語られてきたものに近い形を想像していた様子。おそらくまだ影響が残っているということなのでしょう。ルーカスはそもそもスター・ウォーズの裏社会を舞台にした作品や、ボバ・フェットを主人公にしたシリーズも構想しておりあまり不思議ではない感じ。, さらにルーカスはもうひとつの『スター・ウォーズ』の大きな要素であるジェダイについてこんなことも語っています。, ジョージ・ルーカス:ジェダイの帰還から数年後という設定で、裏社会とストームトルーパーの国の話をやり、さらにルークがジェダイの再建を始めます。彼が知らせを出したことで、10万人いたジェダイのうちの50人か100人くらいが生き残っていることがわかります。ジェダイは再び一からやり直しとなり、ルークは2歳か3歳くらいの子どもたちを探し出し訓練することになります。新世代のジェダイが誕生するまでにはそれから20年ほどかかるわけです。, そして三部作が終わるころには、ルークがジェダイの再建はほとんど終える中、レイアが新共和国を生み出し、(レイア・)オーガナ議員が全権を持つ最高議長となります。最後に「選ばれし者」となるのはレイアなんですよ。, こりゃいい終わりだっ……! 個人的には、レイアを演じたキャリー・フィッシャーが続編三部作の完成前に亡くなってしまうということがなければ、こういった展開も十分にありえたのかなという気もしますね。, ちなみに『最後のジェダイ』ではルークが死ぬ展開となりますが、それはルーカスも考えていたことなんだとか。, ともかく、io9の記事にもありますが、これらのアイデアはだいたい犯罪組織の話はドラマ『マンダロリアン』や映画『ハン・ソロ』で、ジェダイ・オーダーの話はマーベルのコミック『The Rise of Kylo Ren』で、レイアの新共和国で再建に関しては小説『アフターマス』や『ブラッド・ライン』で取り入れられています。, 『マンダロリアン』の製作総指揮のデイヴ・フィローニはルーカスと共にアニメ『クローン・ウォーズ』を作り上げた人なので当然として、他の作品でもやはりルーカスのアイデアは生き続けているというのは興味深いし、なんか今後も楽しみになってきますね。, ともかく、今回語られたルーカスの続編が見たかったと思う人は、今回発売される「The Star Wars Archives 1999-2005」はもちろんのこと、ぜひ上に上げたような派生作品もチェックしてみてください。本当に面白いので!. 共和国グランド・アーミー[1]共和国宇宙軍[1] 22 BBY[4] 指導者 『スター・ウォーズ』の世界において、ヒーロー役と悪役は常にハッキリと分かれてきた。反乱同盟軍はヒーロー役、銀河帝国軍やとりまきのス� その他の情報 コルサント[2] 再編

すみっこさがし Dx 電池交換, Windows 管理者権限 確認, 仕事 使える アプリ パソコン, 結婚して よかった 職業, 九段下 半蔵門線新宿線 乗り換え, 相鉄新 線 地図, 原付 エンジン 載せ替え やり方, Office Professional Plus 2016 プロダクトキー, 大葉ソース 大分 販売店, ベーキングパウダー 代用 スコーン, 口腔ケア 手順 イラスト,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *